So-net無料ブログ作成

『猫丸先輩の演劇』 [キャラメル役者客演]

猫丸先輩の演劇
O-MATSURI企画merrymaker第8回公演『猫丸先輩の演劇』@中野ザ・ポケット
2010年3月4日19時半開演 自由席

※かつぶしキャスト初日

O-MATSURI企画merrymaker公式サイトはこちら。


原作:倉知淳(東京創元社「猫丸先輩シリーズ」)
脚本・演出:隈部雅則

出演:
『五十円玉二十枚の謎』
猫丸先輩……椎名亜音
犬塚信乃……成瀬優子
ぼく……土屋兼久

『空中散歩者の最後』
猫丸先輩……深沢奈美
八木沢行寿……鍜治本大樹
田中警部補……田中千雅
羽佐間刑事……清田裕也

『猫の日の事件』
猫丸先輩……緒方祥子(またたび)/小堀弥恵(かつぶし)
長久手涼子……曽谷郁実
轟部長……武藤紀彦(またたび)/隈部雅則(かつぶし)

『寄生虫館の殺人』
猫丸先輩……石井友樹
壇原邦宏……井川俊
三国礼子……太田小百合

『日曜の夜は出たくない』
鳥坂亜希子……村山たか緒
亀山悠太……奥田隆仁
馬場柚木……岩上弥生
猫丸先輩……羽鳥可奈子


今回、twitter限定招待企画に当選。
友人と一緒に観劇してきました。
二人ともmerrymaker初観劇でした。

ちなみにmerrymakerのアカウントはこちら。
http://twitter.com/omatsurimerry
作・演出の隈部雅則さんのアカウントはこちら。
http://twitter.com/kumabetti

隈部さんと言えば、キャラメルボックス『少年ラヂオ』。
やはりあの印象は大きくて、今回も期待してました。


いやぁ、おもしろかった!
キャスト表を見た時点では、オムニバス形式かぁ、と。
ところがどっこい、違ったんだよねぇ、蓋開けてみたら。
これには驚いたし、見事にやられた(笑)

猫丸先輩が推理する5つの事件が同時進行していく。
いまどの事件の話なのか、舞台上の黒板(左右に2つある)を上手に利用してた。
そこにタイトルが書かれるので、観ている側は切り替えがしやすい。

5人の猫丸先輩が解決していく5つの事件。

最初に『五十円玉二十枚の謎』が。
続いて『日曜日の夜は出たくない』。
これが終わらないまま、『空中散歩者の最後』。
『猫の日の事件』があり、また『日曜日の夜』。
『寄生虫館の殺人』で、『日曜日の夜』。
最後に『五十円玉二十枚』の猫丸先輩が登場。
(たぶん、これで順番あってるはずだけど・・・若干自信なし)

話がどんどん、テンポよくスピーディーに進む。
最初はついて行くのに必死だけど、そのうち一緒に楽しんでる。
というか、楽しかった、ほんとに。

初期のキャラメル作品を彷彿とさせるようなスピード感にテンポの良さ、勢い。
でも、それだけじゃない、脚本の素晴らしさと演出の様々な工夫。

ま、ただね。
やはり役者が若いせいか、滑舌が悪い人が何人か。
(調べたら、基本的にmerrymakerの役者が滑舌悪いみたい(苦笑))
テンポが命の芝居なので、一度噛んでしまうと、リズムが崩れるんだよね。
あれはもったいなかったなぁ。

あと、かつぶしキャスト初日ということで。
隈部さんが人生初舞台だったそうな。
(なんでも隈部さんはいままで舞台経験一切ないそうです)
なかなか興味深く、おもしろいものを観せてもらいました(笑)
まぁね、演技については突っ込みどころ満載な感じでしたけども。
テンポはよかったし、台詞に感情乗ってたし、あとは挙動不審なところをどうにか・・・。
(出トチって、テンパってたらしいです(笑))


キャスト個別では。
最初の『五十円玉二十枚』で猫丸先輩を演じた椎名亜音。
彼女の演技はとてもよかったなぁ。
劇団6番シードの役者さんだそうで。
ちょっとチェックしておこう。

あとは『寄生虫館』の猫丸先輩、石井友樹。
まず、華のある人だなぁ、と。
台詞を言ってないのに、目が行ってしまう役者。
椎名さんとはタイプの違う猫丸先輩だけど、つかめない感じがよかった。
彼もチェックしておこう。

『日曜日の夜』の村山たか緒。
彼女も華のある役者。
まーやに雰囲気が似てるなぁ、と思って観てた。

同じく『日曜日の夜』の奥田隆仁。
声の変化がくっきりしてて、感情が伝わってくる。
真面目で押しの弱い、優しい青年の役なんだけど。
優しい声と、強い声の変化にハッとしたなぁ。
劇団昴の役者さんだそうで、そりゃ演技力あるのは当然か。

目が行ったのはこれくらいかなぁ。

あ、かじもんことキャラメルボックス鍜治本大樹。
初の客演(だっけ?)頑張ってましたねぇ。
妙に力が入りすぎちゃう部分は相変わらずな感じで。
でも、気の抜けた演技、表情はよかった。
そういう自然な演技がもっとできるとメリハリついていいんだけどな。


何しろ、脚本がおもしろかった!
原作を脚本化するのに、いじってるはずなので俄然原作に興味が湧いた。
なのでロビーで猫丸先輩シリーズの1作目を購入。
面白かったらあとのシリーズも読む♪

ただやはり空席が目立つんだよね。
お客さんもほとんどが身内だったみたいだし。

ま、いまポケットスクエアでは人気劇団が公演ラッシュ。
ZEROでもキャラメルと弾丸が上演中。
小さな劇団は集客大変だろうと思う。

でもこれだけ面白い芝居。
ぜひ観てほしい。


O-MATSURI企画merrymaker第8回公演『猫丸先輩の演劇』@中野ザ・ポケット
2010年3月3日(水)~7日(日)

twitter割引あります。
公式サイトからチケット予約もできます。
http://www.o-matsurimerry.com/
近くまで行かれたら、ふらっと寄ってみてください。
タグ:観劇
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

まなひ

個々の役者までちゃんと書けるのが羨ましい。
なかなか私書けないんだよね。

かじもんの客演は2度目です。
by まなひ (2010-03-05 10:54) 

ぷりん

まなひさん
役者個々の部分は自分用のメモです。
だいたい、目がいく役者って決まってるんだけど、以前観ていても、残しておかないと忘れちゃうから。
実際、以前は残してなくて、検索してみたら観たことがあったってことがよく。
なので、印象に残らなかった役者は書かないけど。
(前は全員分書いてたけど、意味ないって気付いた(笑))
by ぷりん (2010-03-05 18:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。