So-net無料ブログ作成

YANO MUSIC FESTIVAL 2010@EAST [堂島孝平]

矢野フェス2010@EAST
YANO MUSIC FESTIVAL 2010@渋谷O-EAST
2010年2月24日18時半開演 スタンディング

出演:堂島孝平/馬の骨/土岐麻子/NONA REEVES
オープニングアクト:南波志帆

矢野フェス2日目、千秋楽(笑)
4日連続LIVEもこれにて終了。
しかも連日の長丁場。
いやぁ、めちゃくちゃ楽しい毎日だったなぁ♪
その締めが、矢野フェスでよかった!!
すごく楽しかったし、豪華だったし、幸せだった♪


ステージ上には、ほぼすべての機材がセット済み。
ステージ最後方、上手に矢野さんのドラムセット、下手にこまっちゃんのドラムセット。
上手一番端にシュンちゃんキーボード、ギターセットにボーカル、ベースセット。
ほぼ転換なしでやるんだろう、と。

でも、予定外だったのは、シュンちゃんとストーさんが両端だったってこと。
隣に来るかと思ってたのになぁ・・・。
めちゃくちゃ悩んだ結果、シュンちゃん取りました。
だって堂島くんはシュンちゃん前で聴きたいもの。
ノーナの前に場所移動できれば、ストーさん側に行こう、と思ったんだよね。
まぁ、実際には満員御礼で、とてもじゃないけど、移動できるような状態じゃなかった(笑)
なので結局最後までシュンちゃん前で楽しみました。


約10分押しでスタート。
昨日に引き続き、オープニングアクトは南波志帆ちゃん。
もちろん、シュンちゃんとこまっちゃんがサポート。

『サンダル』『それでも言えないYou&I』『みたことないこと』『セプテンバー』
たぶん、そんな感じ。

で、前日のセトリが間違ってることも判明(笑)
昨日、『セプテンバー』やってないや。
高樹さんいたから『プールの青は嘘の青』かな??

2曲目で、ぴょんぴょん跳ねてたら、スカートずり落ちてくるってハプニングも(笑)
もちろん、下にスパッツはいてたから大丈夫だけどね。
焦ってる志帆ちゃんも可愛くて、客席はめっちゃ和やか。
(男性陣は萌えてたのかもしれないけど、私の周りは女性ばっかだった)

こまっちゃんはちょうど、シンバルが邪魔で、鼻から下しか見えない状態(笑)
叩いてる手元はしっかり見えてたけど、表情はまったくといっていいほど見えなかったなぁ。
コーラスしてるときだけ、ちらっと見えたんだけどね。

シュンちゃんは手元も顔もばっちり♪
場所取り大成功でしたわ♪
(通し券も一日券も番号順に並列入場っていう予想外の事態があったけど)

で、前日よりも、シュンちゃんのニヤケ度が高かった!!
duoではかなり落ち着いて弾いてたのにねぇ。
曲間に、志帆ちゃんがしゃべってるときはずっとニヤニヤ。

そういえば、去年の5月。
EASTが志帆ちゃんの初ステージだったんだよなぁ。
あの時のシュンちゃんこまっちゃんのニヤケ度はひどかった(笑)
でも、志帆ちゃん、確実に度胸もついてきてるし。
ちょっと不思議ちゃんなのは変わらず。
そのまま変にすれることなく、真っすぐ行ってほしいな。


本編オープニング。
事前にTwitterでオープニングを見逃すな!という指令が。
なんでもめっちゃ豪華だという話。
転換中はカーテン引いてるので、どうなってるのかわからず。

カーテンが空くと。
こまっちゃん、シュンちゃん、その横に志帆ちゃん、下手にオッケンとストーさん。
始まったのは『透明ガール』!
この好きな音しか聴こえて来ないって状況に発狂しかける(爆)

中央の階段から降りてきたのは矢野博康!
もちろん、『透明ガール』歌いながら(笑)
矢野さんの紹介で、郷太さんが登場。
歌うのは『How Beautiful』♪
もしかして、次の登場者の曲歌うのか?と。
郷太さんの紹介で、土岐ちゃんが登場!!
泰行くんの曲だったみたいだけど、曲名はわからず。
そして土岐ちゃんの紹介で泰行くん登場。
なんと『葛飾ラプソディー』!!!
でも、曲と泰行くんの声のギャップが・・・(笑)
やたらめったら可愛らしい感じになってますけど。
まぁある意味アニメちっくだったよ。
そして泰行くんの紹介で堂島くん登場。
そのまま『葛飾ラプソディー』を。
あぁ、やっぱこの声だよなぁ、と一瞬ほっとしました(爆)

いやぁ、この瞬間のステージ、最高に豪華だった!!
確かに見逃したくないわ。


トップバッターは堂島孝平!!

堂島孝平(Vocal+Guitar)

矢野フェスバンド are...
矢野博康(Drums)
渡辺シュンスケ(Keyboard)
奥田健介(Guitar)
須藤優(Bass)

SET LIST
1.Still
2.スロウダンス
3.ナイトグライダー
4.CHOCO ME BABY
5.LUCKY SAD

セトリは矢野さんセレクト。

久しぶりにバンドセットで聴いた『Still』。
いやぁ、よかった!
弾き語りでやってくれるのも好きなんだけど、バンドもいいわ♪

そして、『スロウダンス』。
今回はシュンちゃん目の前にいるので、意識がどっか行かずにすんだわ(謎)
この歌詞、ほんと好きだなぁ。
次のアルバムには入るのかな??

なんかね、シュンちゃんがこのあともずっといるってわかってる安心感があって。
堂島くんのときはほぼ9割堂島くんを見ていられた(ぇ)
シュンちゃんがいるステージでここまで堂島くんだけ見続けたのっていつ以来だろう??
うーん、シュンちゃんにマジ惚れしてからはない気がする(爆)

そして、シュンちゃんで聴きたかった『ナイトグライダー』!
これはテンションあがったわぁ♪
そんなに手があがってなかったので、堂島ファン少なめか?
間奏ではもう一生懸命シュンちゃん煽ってみた♪
ニコニコ笑顔でKORG弾いてくれた♪
幸せだぁぁぁぁぁぁぁーーー!!!!

そしてそして!!
楽団で聴きたかった『チョコミー』♪
思わずイントロで叫んでしまったよ(笑)
オッケンのギターもかっこよかったなぁ♪
はぁ、幸せ!
そして、踊りまくり!跳ねまくり!汗だく!!!

そんな状態で最後は『LUCKY SAD』♪
このあたりでは、さすが堂島くん。
完全に客席モノにしてたねぇ。
ダンスナンバー立て続けで、客席煽って、盛り上げて。
ほとんどの人がハンドクラップしてたもの、
イベントに強いよね、お客さん盛り上げるのうまいよ、ほんと。
久しぶりに堂島くんのスキルが遺憾なく発揮されるのを見て、満足♪

5曲って短かったんだけど、満足感がすごくあった。
堂島くんの笑顔がすごくよかったのと、聴きたかった曲が聴けたのと。
演奏もよかったし、シュンちゃんもいるし♪


転換中は、上手のサブステージでMCが。
なんかソファーセットあるなぁ、とは最初から気になってたんだよね。
繋ぎにここで矢野さんと志帆ちゃんが、出演者呼び込んでトーク。
最初は堂島くんが呼ばれる。
で、立ってると後ろの人たちが見えないだろうってことで、みんなフロアに座る。
ぎゅうぎゅうの中、座って立ってって大変だったけど(笑)
遠くの人たちもちゃんと見えただろうし、よかったねぇ。
(しかも、何となく自発的にお客さんが座っていった)

志帆ちゃんが初々しかったなぁ。
んでやっぱり彼女は不思議ちゃんだよなぁ(笑)
堂島くんが若干、対応に困ってる感じなのがおもしろかったっ!

そして「矢野博康コーナー」(爆笑)
矢野さんを知ろうってコーナーなんだけど、生い立ちから始まった。
んで、結局、子どもの頃の話で終わっちゃったんだよね。
(全部で転換3回分やったんだけど、生後まもなく、12歳、4歳の写真が出て終わり(爆))

コーナーが始まったときに、堂島くんが一瞬阿佐ヶ谷の状態になりかけたなぁ。
さすがにこのアウェイの状態で寝転がるのはやめたほうが・・・。


次は馬の骨。
キリンジ泰行くんのソロユニット。
サポートにシュンちゃんとこまっちゃんがいるんだよね。
ほぼシュンちゃん見てましたわ。

あぁ、こまっちゃんサポートを志帆ちゃん、馬の骨って聴いたので音の違いがね。
志帆ちゃんのときは彼女の歌声に合わせて柔らかい軽い音なんだけど。
馬の骨は低音きかせたくっきり強い音だったんだよね。
その違いにはっとした。
シュンちゃんの音の違いはだいぶ慣れてきてて、驚かなくなったんだけど。
こまっちゃんのサポートを立て続けに(しかもタイプが違う音で)聴いたのは初。
かなり新鮮だったわ♪

『蜘蛛と蝶』はシュンちゃんの音が美しくて鳥肌立った。
(泰行くんほぼ見てないかも(すみません))


転換のときにカーテン弾かれるんだけど、シュンちゃん動かないんだよねぇ(笑)
他のメンバーは撤収しかけてるんだけど。
ずっと出っぱなしだから、動く必要ないんだけど、ちょっと面白かった。


転換MCゲストは郷太さんと泰行くん。
最初は矢野さんと志帆ちゃんで司会進行。
矢野コーナーをやってすぐ「次、叩くんであとはお任せします」と矢野さん退場。
ここで、郷太さんが志帆ちゃんに意地悪な質問を。
「オレと泰行くんの曲、どっちが好き?」
えぇぇぇーーーーー!!??それ聞くのぉぉぉ!?
「あぁ、びっくりしたぁ」と志帆ちゃん。
そりゃそうだよねぇ、そんな質問答えられないわなぁ。


次は土岐麻子。
バックは矢野フェスバンド。

SET LIST
1.How Beautiful
2.君に胸キュン
3.FOOLS FALL IN LOVE
4.ファンタジア
5.WALK ON

『How Beautiful』がストーさんアップライト。
見慣れてるはずなのに、あまりにカッコよくて惚れる(笑)
また彼の音が柔らかいので、土岐ちゃんの声にあうんだよね。
でもサポート定着しちゃうと、バンド目当てに足運ぶ回数がまた増えそうで困る。
いまだって、豪華すぎるメンツで毎度毎度悩むのにぃ。
土岐ちゃんの歌も好きなので、他のアーティストより行っちゃう確率高いんだよね(笑)

矢野さんが音楽をやろうと思ったきっかけの曲ってことで『君に胸きゅん』。
シュンちゃんとオッケンの「きゅん♪」がねぇ♪
でも、オッケンがまったく見えなかったんだよなぁ。
で、矢野さんのソロコーナーがあった。
歌唱力は普通でしたわ(笑)

そして、「やっとこの曲がライヴで歌えます!」と土岐ちゃん。
客席からは歓声!!
泰行くん登場で『FOOLS FALL IN LOVE』をっ!!!!
もしかして、と思ってたけど、やったぁぁぁぁ♪
馬の骨とはまた違った泰行くんの魅力も素敵だったわぁ♪
で、ラインのつながってないアコギは何か役に立ったんだろうか(笑)
土岐ちゃんにも突っ込まれてたけど。

『ファンタジア』は嬉しかったなぁ♪
やっぱり好きな曲だし。
好きな音で好きな音楽か聴ける喜びを強く強く感じた。

この日の矢野フェスは、ほんと自分にとっても最高の祭りだったんだよね。
サポートメンバーが好きな人だらけ。
しかもみんな大忙しで大活躍しまくり。
出演者も豪華で、好きな人だらけ。
こんなフェスないよね、ほんと矢野さんに感謝!!!

あ、そういやこの日もストーさんのベースが以前のタイプだった。
最近、こっちばっかりだけど何でだろう??

最後は矢野さんが土岐ちゃんに提供した『WALK ON』。
MCでね、土岐ちゃんと矢野さんのやりとりが自然で楽しかった。
ほんとに気心知れた仲間がふんわりやりとりしてる感じで。
こういうの素敵だなぁ♪


転換MCは矢野さん、志帆ちゃん、土岐ちゃん。
矢野博康コーナーは3枚目の写真(4歳)が出てきて終了。
この紹介が現在に至るまで、矢野フェスは続くそうです(ほんと?)


最後はNONA REEVES

NONA REEVES are...
西寺郷太(Vocal)
奥田健介(Guitar)
小松シゲル(Drums)

須藤優(Bass)

SET LIST
1.パーティは何処に?
2.DJ!DJ!~届かぬ想い~
3.Smooth Criminal
4.Hey, Everybody!
5.LOVE ALIVE
6.I LOVE YOUR SOUL

いやぁ、すごかった!楽しかった!
っつか、みんな今まで準備運動だったでしょ?
特にオッケン(笑)
いつもより笑顔多いし、めちゃくちゃノってるし。
ちょうど身体ほぐれてノーナの出番になりました、って感じ(笑)

ダンスナンバー続きで、会場の盛り上がりも最高潮!
みんなノーナファン?って思っちゃうほどの一体感。

『スムクリ』は、ほんと演奏陣がかっこよすぎるっ!!!
メロヘのイベントではオッケン逆サイドだったので見えなかったけど、今回はばっちり♪
郷太さんそっちのけで視線釘付けでしたわ♪
かっこよすぎ♪素敵だ♪
そして、時々出る余裕の笑顔にどきどき(笑)
いつもより笑顔多めで、視界に入るたび、ときめいてしまったわ(惚)

あ、ちなみに。
ヒッピーのときは、郷太さん高音も綺麗に出してたけど、年明けてからはキー下げてる?
サビのとこにくると下がってるよね。

『ヘイエブ』『LOVE ALIVE』とダンスナンバー続いて。
汗だくになったところで、ゲスト登場!
なんと矢野さん&こまっちゃんツインドラムで『I LOVE YOUR SOUL』をっ!
うひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(嬉)

冒頭のドラムソロもそれぞれ魅せてくれたし♪
めちゃくちゃ楽しかった!!!
もちろん踊りまくって飛び跳ねて汗だく(笑)


アンコールは、全員セッションで。
矢野さんが最初に出てきて、出演者を呼び込み。

最初は堂島くん。
ピンクの「矢野フェスさん」Tシャツに、そのニット帽は似合わないぞ・・・。
そういや、また頬の辺り細くなってた気がする。
Anniversary2daysやって痩せた(やつれた)??
シャープな堂島くんはかっこいいので歓迎なんだけど。
体調だけは気をつけてね。

次に泰行くん。
Tシャツはブルー、爽やか♪

続いて土岐ちゃん。
こちらもブルー。
堂島くんが「“泰行”派か・・・」と(笑)

最後にノーナ。
もちろん、みんなピンクとブルーどっちで出てくるのか興味津々(笑)
そしたらメンバーみんなピンクでした♪
しかも三人揃って、階段上でポージング(笑)
こまちゃんがめっちゃ可愛かった♪
いや、一番背が高いので、モデル風のポーズも似合うんだけどね。
でもまぁ、こまっちゃんなので、笑っちゃったっていう(ぉぃ)
だって決める前に、一瞬身体「くねっ」てしたんだもーん!(笑)

で、その後ろから出てきたストーさんはブルー(笑)
堂島くんに「ストーちゃん、ベースソロかっこよかったね。でも“泰行”派か・・・」と突っ込まれてた。
さらに郷太さんには「俺ら三人ピンクなのに、何でブルーなんや」と絡まれてる始末(笑)

ピンクTシャツのストーさん・・・。
見たいような、見たくないような(笑)

で、みんなで共作した曲、『WE CAN WORK IT OUT』を。
SUNKING(郷太さんの弟・阿楠くん&FREDO松野さんのやってるBAR)で飲んでるときに何か曲作って演奏しようって話になったらしく、その場でアコギ取りに行って作り始めた曲だとか。
郷太さんと矢野さんで元曲作って、それをオッケンが繋げて、泰行くんが歌詞つけて。
みんなメールでやりとりしながら作ったんだとか。
ちなみに堂島くんは多忙につき、制作には不参加。
「堂島のスケジュール見たら、こりゃ駄目だと思った」by郷太。
“激務”でしたからねぇ(笑)
(それに付き合ってる私たちも“激務”でしたけど)

しかし、フロント4人でって贅沢だわぁ。
演奏は矢野さん、こまっちゃん、シュンちゃん、オッケン、ストーさん。
志帆ちゃんはこの日も22時回っちゃったので参加できず。
堂島くんが、綺麗な高音で歌ってくれたのが嬉しかったなぁ♪
やっぱり堂島くんのこの声って素敵だわ。

んでもって、この曲に関しての立役者は郷太さん。
いいとこ持ってかれて若干気に入らないのか、多少不機嫌そうな顔の堂島くん(笑)
あの立ち位置になると、いつもあぁなるよなぁ、とおかしくて(笑)
郷太さんが知ってか知らずか、堂島くんをさらにステージ隅に追いやってるし(爆笑)
いやぁ、堂島くんのあの表情は楽しかった(ぉぃ)
あ、ファンですよ、堂島くん好きですよ、もちろん(笑)

ちなみにこの日の矢野フェスで一番活躍したのはシュンちゃん。
ノーナ以外はすべてステージ上にいたんだよね。
志帆ちゃんで4曲、オープニングで4曲のメドレー。
堂島くんで5曲、馬の骨で6曲(だったかな?)、土岐ちゃんで5曲、アンコールで1曲。
ほんとシュンちゃん祭りでしたわ♪

土岐ちゃん終わってほっとしたのか、アンコール前に飲んだみたい。
出てきたときには顔赤くて若干呆け気味(笑)
堂島くんが話し振ってくれて、矢野さんが話しかけてるのにぼーっとしてる始末。
だいじょーぶかー??(笑)
ま、リハとライヴがずっと続いて休みなかったはずだしね。
お疲れさまでした。

出演者も演奏陣も、ほんと豪華なイベントだった!
好きな音で好きな人の好きな音楽を聴く。
最高に贅沢で幸せな時間♪

来年も矢野フェス2011開催希望しますっ!
タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。