So-net無料ブログ作成

"Another music session 2010" [NONA REEVES]

Mellowhead presents"Another music session 2010"@代官山UNIT
2010年2月13日18時開演 スタンディング

出演(出演順):
Chocolat&Akito/NONA REEVES/Mellowhead<featuring Guitar:會田茂一>

Opening Act:acari

ちょっとちょっと豪華すぎるでしょーー!!
ってのが、最初にこのイベントを知ったときの感想(笑)

メロヘには真城さんとアイゴン、片寄さんのとこに、ノーナ。
外れるわけがない布陣だわな。


開場時間中にacari。
全部で6曲。
なんでも、今年、深沼さんのレーベルから音源出すそうで。
ボーカルの子がandymoriのボーカルに似てる、ってあとで友人と。
曲はあまり好きな部類ではなかったけどね。

転換がけっこう時間かかってて、開演が10分押し。

最初はChocolat&Akito。
片寄さんは知ってたけど、Chocolat&Akitoは初。

今回のイベント、ノーナのときとかなり客層が違う。
男性率も高くて、ちょっと密度が高い感じ。
んで、けっこう無理な割り込みする人も多くてね。
私は気がつけば、場所譲ってたけど。
(自分が他のライヴで、お目当てのバンドのときに場所譲ってもらったりしてるから)
こういう場所の譲り合いがスムーズにできたらお互いに気分良く見られるのにね。

最初、シンセベースの音があわなくて・・・。
音が大きかったのと、低音のひずみがすごかったんだよね。
だんだん気持ち悪くなってきちゃって、どうしようかなぁ、と悩んでた。
でも4~5曲目くらいからかな、音が下がったのと、そんなに多用しなくなった。
そしたら、曲自体に集中できるように。

Chocolat&Akitoはね、素敵だった。
ショコラさんの声がすごく伸びやかで聴いていて気持ちがいい。
片寄さんのちょっと甘い声が重なると、またハーモニーがよくて。
全部で9曲、前半は先に書いた理由で集中できなかったけど。
後半は本当に気持ちよく聴いてた。

あ、そうそう。
サポートギターが石井マサユキ氏で、テンションアップ♪(笑)
最初、片寄さんで見えてなかったんだけど、途中で「あれ?!」と。
こんなことなら上手に行くんだった(笑)

1曲、深沼さんの飛び入り曲もあり。
他は新曲が多かったみたいでした。
セトリの緩急も見事で、初めて聴いたけど飽きることもなく、楽しかった。

けっして私の好み“ど真ん中ストライク”な曲ではない。
でも聴いていたい、ゆったり聴きたい曲たちだったなぁ。

転換は、ドラムセット全交換。
まぁ、次からこまっちゃんダブルヘッダーだしね。
20分くらいかかったのかな?

2番手はNONA REEVES。

NONA REEVES are...
西寺郷太(Vocal)
奥田健介(Guitar)
小松シゲル(Drums)

須藤優(Bass)

SET LIST
1.パーティは何処に?
2.DAYDREAM PARK
3.REVOLUTION
4.Smooth Criminal
5.Hey, Everybody!
6.LOVE ALIVE
7.NEW SOUL

ストーさんのベースが前のに戻ってたんだよね。
どしたんだろう??

今年のノーナ初LIVE。
2009年ラストLIVEがHiPPYだったから、約二ヶ月ぶり。
でも、その間に何回ストーさん見てるっけ?6回くらい??(笑)

ノーナ目当てのお客さんが少なかったのか、この日の客席のノリの問題なのか。
あまりにも手があがらなかったなぁ。
曲が始まったときは、私の周辺も手あげるんだよね。
でもすぐにやめちゃうの、何でだろう??
LIVE自体はすごくよかった!

選曲も考えたんだなって。
ダンスナンバー多かったし、まさかのスムクリ!!
また聴けると思ってなかったので、叫んでしまいましたわ(笑)
HiPPYでは6人で、今回は4人で。
それでもやっぱりすごいなぁって感じた。
演奏陣(ノーナ音楽班(笑))が素敵過ぎる。
ほんと惚れるわぁ~。

なぜか、オッケンがストーさん見て「にやっ」てするシーンが何度も。
あれなんだろう、気になる(笑)

そういや、『パーティ』のときに、途中急にテンポアップしたような。
その瞬間、こまっちゃんがストーさん見たから、ベースだったのかな?
オッケンの「にやっ」もここであったしなぁ。

ストーさんがさらに音で前に出てくるようになってた。
最初の頃、不安そうな顔して弾いてることあったからなぁ(笑)
それが完全になくなったわけじゃないけど、自信持って弾いてる部分が増えた。
音が太く強くなってきてて、安心した(←保護者か(笑))

そうそう、イベントのノーナって去年のMUSIC DAYSに続いて2度目。
やっぱり郷太さんって客席の反応気にするんだねぇ。
ちょいちょいいつもと違う煽り方があったりして、ちょっとおもしろかった。
ノーナの曲って決まりごとあったりするから、初めてだとついていけないのかもね。
ワンマンだと、馴染みのお客さんが多いわけだから通用することも、イベントだと反応が読めない。
例え周りのお客さんが反応薄くても、いつもと変わらず手あげたり声出したりするのは、舞台上のメンバーを応援するってことでもあるんだなぁ、って思ったりして。

短めだったんだけど、うん、楽しかった♪

最後はもちろんMellowhead。

深沼さんって黒シャツって印象あるんだよね、いつも。
でもChocolat&Akitoで出てきたときは珍しく白シャツで襟に緑チェックだったかな。
あ、胸ははだけてたけど(笑)
でも、ここではいつものように黒シャツでしたわ。

最初、マイクの音が小さすぎてボーカルがあまり聞こえず。
ま、深沼さんの声ってこもりがちだから尚更。
2曲目3曲目あたりからバランスよくなって。

そういや、アイゴンがけっこう遊んでてねぇ。
ギター弾きながら、ドラム台に飛び乗ったりしてたんだけど。
こまっちゃんがいつものように目つぶって気持ちよさそうに叩いてたんだ。
で、アイゴンはドラム台の上に立ってこまっちゃん見ながら演奏。
目を開けたこまっちゃん、そこにアイゴンがいたもんで「うわっ!」って叫んだ(爆笑)
それにおかしくなっちゃったらしくて、笑いながら叩いてたよ。
その後もこまっちゃん、アイゴンの動きかなり気にしてたなぁ(笑)
あーおもしろかったぁ。

ロックって基本的には得意じゃないんだよね。
でも、気持ちのいい音楽ってある。
メロヘは確実に気持ちのいい音楽だと思った。
楽しかったし、気持ちよかったし、また聴きたいと思った。

そういや、爆音バンドと呼ばれてるバンド。
Mellowheadもそうだし、buddhistsonもそうだけど。
私は心地よいって思うけど、爆音って思えないんだよなぁ。
LIVE慣れして、耳おかしくなってんのだろうか?(笑)
“爆音”が自分の“普通”になっちゃってる可能性はあるなぁ。

アンコールで、片寄さんが1曲参加。
出てくるときに、アコギ(深沼さんの)を壁にぶつけちゃったらしく(笑)
「ごめん、ぶつけちゃった!傷にはなってないよ、音も出るし」

深沼さん、片寄さん、アイゴンの同級生三人がフロント並んで♪
この三人のMCがおもしろかったなぁ。
ぽやぽやした空気というか、なんか和んだ(笑)
まぁ、深沼さんが意外としゃべるとぽやーんとした雰囲気持ってたりするし。
アイゴンはアイゴンだしね♪
三人がくつろいで会話してるのは心地よかった。
もう10分くらいしゃべっててくれてよかったんだけど(笑)
後ろで相変わらず“お客さん”しながらニコニコ聞いてるこまっちゃんが可愛い♪
で、片寄さんに振られた林くんがまとめて曲に(笑)

最後は深沼さん、林くん、こまっちゃんの三人で。
「昔、スリーピースバンド(PLAGUES)やってたんで、そのときの曲を」と。
これがかっこよかったなぁ。
スリーピースって、それぞれが実力ないと聴かせられないんだよね。
確実にこの三人は実力あるもの、気持ちいいわ。

いやぁ、イベントとしてものすごく充実したいいLIVEだった!
こういうLIVEにくるとすごく得した気分になる。
楽しかったなぁ♪

終演後は、大阪から来てた友人と、その友人と三人でお茶(私はご飯(笑))。
LIVEの話したり、芝居の話したり、こっちも楽しかった♪
いい一日でしたわ♪

次のノーナは24日矢野フェス!!!
出演者も豪華だし、好きな人ばっかり(フロントもサポートも)出るし、めちゃくちゃ楽しみ!!

タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。