So-net無料ブログ作成

桂吉坊 一人会 [落語・お笑い]

桂吉坊 一人会
桂吉坊 一人会@さばのゆ
2010年11月26日20時開演

出演:桂吉坊


月・火と落語を聴いたせいか、上方落語が聴きたくなった。

以前、友人に誘われて言った米朝一門の若手の会で気になった吉坊さん。
調べてみたら経堂で一人会があるという。


経堂駅から歩いて5分くらいかな。
注意してないと通り過ぎてしまいそうな場所。

屋台のような銭湯のような寄席のような呑み屋カフェ。

ちょっと不思議な空間。
30人も入ればいっぱい。

公式サイトはこちら。
お湯かふぇ さばのゆ

三味線で登場。

高座には見台と膝隠。
吉坊さんが枕で道具の説明してくれた。
んで、なぜか拍子木が1本しかなかったとか。

番組は『胴切り』と仲入り後に『抜け雀』。

『胴切り』
江戸時代。新身の刀を手に入れた侍。試し切りをしようと、夜も更けた頃に獲物を探しに。そこに通りがかったお風呂帰りの竹さん。こいつにしようと、背後からそっと近づいて、えいや。よほど腕がよかったのか、綺麗に胴から真っ二つ。切られた胴は、ぽーんと飛んで用水桶の上に。なにすんだっ、と侍に啖呵切る竹さん。しばらくして、自分が切られたことに気づく。どうしようかと、思っていると、そこに友達の又はんが通る。又はんの手を借りて
、胴と足は家に帰る。翌日、又はんの口利きで、胴は風呂屋の番台、足は麩屋の職人として働き始める。ある日、又はんが様子を見に風呂屋へ。竹さんが、湯気に当たって目がかすむ。弟(足)に「三里に灸をすえてくれ」と伝言を頼む。麩屋に向かった又はん。伝言を伝えると、弟からも兄貴に伝言を頼まれる。「水や茶をあまりがぶがぶ飲まんでくれ」と。「おしっこが近くてたまらん」。


『抜け雀』
小田原の小松屋清兵衛の宿。歳の頃、三十前後の旅の男。紋付は色あせて羊羹色。雪駄も地面に鼻緒がついているような状態。風呂に入り、一升の酒を飲み、ゴロっと寝てしまう。朝は早くに散歩に出かけ、昼は五合の酒を飲み、昼寝。起きるとまた、風呂に入り、一升の酒を飲み、ゴロっ。翌朝はまた散歩に出かけ・・・。5日経ち、女将さんが心配し、亭主が酒代をもらいにお客のところへ。ところが、お客は一文無し。代わりに衝立に絵を描くという。ちょいちょいと5羽の雀を書き、「売れと言うものがあっても、売るな」と言い残し、行ってしまう。翌朝、亭主が二階に行って雨戸を開けるとチュンチュンと声がする。雀でも入ったかと、障子を開けると朝日がさっと差し込む。雀が5羽、さっと飛び出し外でチィチィと鳴く。ふと見ると衝立は真っ白。驚いていると、雀が戻ってきて衝立の中におさまる。これが話題になり、小松屋は大繁盛。小田原の殿さままでがお忍びで来て、千両で譲ってくれ、という。ある日、六十を超えた白髪の老人が訪れる。絵を見た老人、「この雀は死ぬ」と。そしてササっと絵に筆を入れる。書いたのは鳥かご。翌朝から雀は飛び出した後に、籠に戻って羽休め。これがさらに話題になり、今度は殿さま二千両出すと。ある日、表に立派な駕籠が。そこから降りてきた紋付袴の男。亭主が事情を離すと、絵の前に。絵をじっと見ると涙を流す男。籠を書いたのは自分の父上だと。そりゃすごいという亭主に、自分は親不孝者だという男。何を言うか、こんな名人が、というと「親に“駕籠をかかせた”」。



『抜け雀』の枕で米朝師匠の話が。
これがさすが、というか、なんというか。
数々のエピソード、っつか伝説に大笑い。
入れ歯を忘れて高座に上がった話など、涙出るほど大爆笑。

噺はもちろん、枕もほんと面白くて大笑いした。
今度はちゃんとした寄席にも挑戦してみるかな。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 4

まなひ

聴きに行ったんだぁ~
私も聴きにいきたかったけれど、この時は仕事で行けなかった。。。

今年に入ってから上方落語聴いてないな。
by まなひ (2010-12-03 07:19) 

ぷりん

まなひさん
なんかねぇ、落語熱が高まってるみたいで(笑)
今月は寄席デビューをしようともくろみ中。
三三さん聴いてこようと思う。
by ぷりん (2010-12-04 00:21) 

まなひ

寄席デビューするなら声掛けて!
なかなかデビュー出来ない私。
「東京かわら版」本屋さんで買うと、東京の寄席情報が満載だよ!
by まなひ (2010-12-05 08:47) 

ぷりん

まなひさん
およ。
もう行く予定は立ててるのよ。
あとでメールするわ~。←忘れなければ(ぉぃ)
by ぷりん (2010-12-05 18:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。