So-net無料ブログ作成

春風亭鹿の子独演会 [落語・お笑い]

『落語においでよ。』『落語においでよ。』
真柴あずきプレゼンツ『落語においでよ。』春風亭鹿の子独演会@赤坂RED/THEATER
2010年11月22日19時開演 H列6番

出演:春風亭鹿の子/林家花(紙切り)/立川こはる

トークショー:春風亭鹿の子×林家花×真柴あずき
トークショーゲスト:坂口理恵/畑中智行

本日の番組

おもしろかった。
女流芸人お三方それぞれが魅力的だった。


立川こはる『真田小僧』

あらすじ…
キンボウがおとっちゃんに小遣いをねだる。おとっちゃんは子どもが銭持ってもしかたない、とくれない。そこで、キンボウはおっかさんが数日前に男を連れ込んだ、とおとっちゃんに話す。続きを聞きたいなら、銭をくれ、というキンボウにおとっちゃんは、ついつい1銭、1銭、2銭と銭をやる。しかし、実際にはおとっちゃんが心配するような話はなく、キンボウのもったいつけた話にまんまと乗せられただけ。


まず、こはるさんが登場したときに、「おや?」と。
おそらく女性なんだろうけど、見た目が男の子のよう。
実際、枕ではそれをネタにしてた。

談春師匠のお弟子さん。
立川流では女性の落語家は取らないらしい。<談志師匠の方針
それをこそっとくぐり抜けて、門下に入ったとか。
ま、談志師匠もこはるさんが女性だと気付くのに、しばらくかかったらしい。
その間に、前座としてどっぷり仕事をこなしてたので、仕方なし、と(笑)

立川流は年季ではなく、実力重視だそうで。
二つ目に上がるのも、かなり厳しいとか。
長く聞いてみたい、と思った。


林家花『紙切り』

「花魁」「もみじ」「花嫁」「うさぎ」「似顔絵(女性)」「似顔絵(男性)」「御輿神楽」

高座で紙切りを観たのは初めて。
切りながら、しゃべりながら、作品が完成してく。
リズミカルなハサミ使い。
いや、感動した。
お見事。


春風亭鹿の子『ティアーズ・イン・ブライダル2010 鹿の子バージョン』(真柴あずき作)

新作落語。
先日の花緑師匠の新作落語が、自分には合わなかったので若干不安もあり。

いや、素晴らしかった。

この『ティアーズ・イン・ブライダル』。
以前、扉座でやった『LOVE LOVE LOVE R36』で書き下ろした脚本らしい。
(私は日程がどうしても合わず、観にいけなかった)
それを落語用に書きなおしたってことみたい。

ストーリーは…
結婚式を控えて、新婦のトモコは控室でイライラとタバコを吸ってる。トモコは、ひと月前に婚約者に振られて落ち込み、自分の前で泣いたユウスケに結婚を申し込み、とんとん拍子に話が進んで、今日式をあげる。ここにきて不安と後悔で落ち着かないトモコ。そこに突然現れた男性。その男性はトモコを他の女性と間違え、「卒業」のような愛の告白をする。人違いですよ、と諭すトモコ。恐縮する男性に、事情を聞く。そのうち、トモコは自分のことを話し出す。36歳、勢いで決めてしまった結婚、新郎のユウスケに対する疑念と不安。男性は話を聞いて、直接ユウスケに気持ちを確かめてはどうか、とアドバイスする。そこに現れるユウスケ。トモコは男性の前で、ユウスケに気持ちを打ち明け、疑問をぶつける。またユウスケもトモコに対して気持ちをぶつける。お互いにお互いを好きだということがわかり安心する二人。そこに男性から質問が。なぜ今日、式を挙げるのか。ユウスケは、今日が両親の結婚記念日で、まさにこの場所で二人は式を挙げた、と答える。それを聞き、トモコは式を挙げる決意を固める。二人は男性に名前を尋ねる。「尊敬の敬に漢数字の一で、敬一」と答える男性。今日、自分も必ずユミコと式を挙げる、裏庭の小さな教会で二人っきりでいいから、と。男性が去った後、ユウスケは、自分の亡くなった父も「敬一」、母は「ユミコ」、二人は裏庭の小さな教会で二人っきりで式を挙げたと聞いている、と言う。そこに現れる会場のスタッフ。尋ねると30年前に裏庭の教会は室内に移築した、と。それを聞いて泣くユウスケ。トモコは二人っきりにしてくれ、と頼む。「男の人は好きな女の前でしか泣かないんです」


ながっ!もっと短くまとめろよ、自分・・・。

という内容で、ぽろっとさせられたり、ほっこりしたり。
最後の決め台詞はかっこいいわなぁ。
自分もトモコと同世代。
共感する部分もあったりして。

展開もすっきりしていて、おもしろかった。


仲入り後にトークショー。
客席はキャラメルファンが半分に、落語ファンが半分と言ったところかな。
前方席はキャラメルファンが多かったように見受けられた。

司会進行は真柴さん、着物で登場♪
ゲストの坂口理恵&畑中智行。
二人とも、いつもよりオシャレな格好。
坂口さんのワンピースがめちゃくちゃ可愛かった。
そして、鹿の子師匠と花さんが登場。

二人の話はかなり面白かった。
こはるさんも途中で呼ばれて、立川流の話など。
これもまた知らないことがたくさんあって興味深かった。
(帰ってきて調べてみたら、結構複雑なんだね、落語界も)


ささっと転換して最後、鹿の子師匠『ねずみ』。

新作だけでなく、古典が聴けたのはすごく嬉しかった。
まだ高座を数回しか聴いてない身なので、知ってる番組は少ない。
なので、新しい番組が聴けるのはとても楽しいし、嬉しい。
これは男性だとまた変わるのかも。
そういう楽しみ方もあるんだなぁ。


満足♪
明日もRED/THEATERで落語。
楽しみだっ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。