So-net無料ブログ作成

『愛すべき娘たち』 [観劇]

ARMs
ARMs PRESENTS『愛すべき娘たち』@晴れたら空に豆まいて
2010年9月24日20時開演 自由席

原作:よしながふみ「愛すべき娘たち」(白泉社刊)
脚本:真柴あずき
演出:ARMs

出演:緒方恵美/坂口理恵/真柴あずき
ゲスト:木下政治/笹川亜矢奈
演奏:岩瀬聡志(Pf.)/目木とーる(Gt.)


愛すべき娘たち (Jets comics)

愛すべき娘たち (Jets comics)

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2003/12/19
  • メディア: コミック


晴れたら空に豆まいて
ARMs第二回公演。
前回は日程が合わなくて行けなかった。
(前回は月見ル君想フ)

リーディングやるなら、豆より月があってる気がするけどなぁ。

緒方さんは言うまでもない。
坂口さんもキャラメルの中では声の変化が豊かな女優。
真柴さんは、キャラ重視なキャスティングだったな。
ゲスト二人の声も素晴らしかった。

馴染みのハコではあるけれど、客層が違う。
緒方さんファンと、キャラメルファンと。
アウェイ感があるのはなぜだろう(笑)

ショートストーリーが連続して。
間に演奏と緒方さんの歌が入って区切りとなる。
音楽は完全に生演奏ではなく、音響も入ってたよう。

舞台にはスタンドマイクが4本。
その後ろに椅子があって、さらに後方に使用する衣装がかかっている。

声と演技。
動きがあるわけじゃない。
それでも声に乗って伝わってくる“動き”。

想像力。
想像力をかき立てられる声。
声による演技。

あつをさんがやった『Blue』第一弾。
あれは、動きだけで伝わる演技というものを見せつけられた。
逆にARMsでは声だけで伝わる演技というものを考えさせられた。

よしながふみさんの原作読んでみたいなぁ。

『愛すべき娘たち』
いつも楽しみな豆の手書きボード。
今回は印刷されたものでした。
残念・・・。

あ、そういや。
豆は後方の小上がりが一番音響いいし、見やすいんだよね。
そこがすべて関係者席で埋まってたんだよなぁ。
満員の豆って、椅子が詰めて置いてあるからほんとに辛い。
関係者が一番優遇されてるってのは、ちと疑問だったわ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。