So-net無料ブログ作成

8/28 「その音で胸が熱い」バンド編 [堂島孝平]

堂島孝平『VIVAP』2010「その音で胸が熱い」@心斎橋JANUS
2010年8月28日19時開演 スタンディング

出演:
堂島孝平(Vocal+Guitar)
坂東慧(Drums from T-SQUARE)
鹿島達也(Bass)
渡辺シュンスケ(Keyboard rom Schroeder-Headz/cafelon)
奥田健介(Guitar from NONA REEVES)

ゲスト:
佐野岳彦(B.Harp from mitatake)


VIVAPツアー、バンド編初日!!
大阪まで行ってきました。


堂島孝平『VIVAP』2010「その音で胸が熱い」@心斎橋JANUS
2010年8月28日19時開演 スタンディング

出演:
堂島孝平(Vocal+Guitar)
坂東慧(Drums from T-SQUARE)
鹿島達也(Bass)
渡辺シュンスケ(Keyboard rom Schroeder-Headz/cafelon)
奥田健介(Guitar from NONA REEVES)

ゲスト:
佐野岳彦(B.Harp from mitatake)


VIVAPツアー、バンド編初日!!
大阪まで行ってきました。


曲名やセトリなどのネタバレあります。
知りたくない方はご注意を。
長めに改行します。

↓↓↓↓





































さて、感想。

心斎橋JANUSは新しいハコ。
綺麗だったねぇ。
ビル自体が新しいのかな。
その5階にあるんだけど、雰囲気のあるいいとこだった。
ステージは低めなので、後方だと辛いのかな?

『VIVAP』が出てから初めてのバンド編成LIVE。
すごく楽しみにしてた。
まぁ、できるなら八橋さんで聴きたかったなぁ。
オッケン好きだけどね、もちろん。

1曲目はもちろん『VIVAP 愛のテーマ』!
バンドの演奏が始まっただけで期待感アップ!
待ってました、とばかりに歓声の上がるフロア。
曲の半ばで出てきた堂島くん。
衣装はアルバムジャケットそのまま。
最後の「その音で胸が熱い!VIVAP!」にさらに大きな歓声が上がる。

『TOKYO WALKIES』ぶら~ぶら~♪
やっぱり踊りながら聴くのも楽しい♪

☆いままでは東名阪とソロでやってきました。
☆やっと合奏ができますっ!(合奏って(笑))
☆アルバム出してから初めてバンドでやるんで、僕も楽しみにしてましたっ!
☆昨日もここで、ソロスタイルでやらせてもらったんですけど、LIVEもソロ、打ち上げもソロっていうね。
☆今日、みんながちゃんと来てくれるのか不安でしたっ!
☆やった!もう一人じゃない!!
☆今日は『VIVAP』の曲と、一緒に聴いてほしい曲をやります。

そして『高速の男』。
うわぁ~!まぢでっ!
散歩して、歩いてたら、走り出しちゃったよ!!(笑)
演奏があまりに豪華でどこを見たら良いのかわからなかった。
ただ、オッケンで聴く『高速』は新鮮だったなぁ。

そして『新しい季節にウォーミングアップ』
へぇ、こうくるんだ、予想してなかった。
もちろん『VIVAP』以外からやると思ってたけど。
GGKRの曲がこんなに続くとは思ってなかった。

そしてアレンジ違いの『スマイリンブギ』
前半はしっとりスローテンポで歌い上げ、そのあと通常テンポで。
もちろんコール&レスポンス♪
ご当地ネタも入れつつ。<そういうとこ気回すんだよね。
めっちゃ楽しかった♪

『狼 OOKAMI』をバンドで聴くのは初めて。
佐野くんのハープが冴えてるねぇ~。
そして鹿島さんのベースがやばすぎっ♪

『スロウダンス』
ぐっときたなぁ。
初めて聴いた去年の9月@新作披露宴。
ほんとに素敵な曲で、すぐ好きになった曲。
LIVEで聴くたびに変化して成長していった。
堂島くんが歌う、この曲の世界観。
ちょっと切なくて、でも包み込むような歌詞。
これが明治座で流れたんだよね。
エンディングを飾ったんだよね。
なんか胸いっぱいになった。
涙こらえて下向いた。

顔を上げたら『Edelweiss』。
いつの間にか佐野くんがいなかった(笑)←下向いてる間にハケたらしい。
やっぱり冒頭のシュンちゃんのソロがねぇ(ため息)
この綺麗なメロディーの鍵盤がほんとに好き。
シュンドウで聴きたいなぁ。

☆いい曲ばっかりやりましたっ。
☆『Edelweiss』ではみんな僕にうっとりしちゃった?うっとりしちゃった?(ニコニコ)
☆まぁね、うっとりするのもわかるけど、うっとりするとこじゃないからっ。
(この「うっとり」連呼に後ろで噴出す鹿島さん!!)
☆うっとりした?惚れた?
(さらにしつこく繰り返す堂島くんに、笑いをこらえきれず、タオルで顔を隠して肩を震わせながら下を向く鹿島さん(笑)それに大爆笑してしまった(笑))

☆みんな楽しんでくれてるみたいだね。
☆ここから見てると、みんな楽しそうな顔、目をしてる。

『CLAP AND SHOUT』は楽しかったぁぁぁぁ!!
ハンドクラップとコール&レスポンス。
客席も忙しい曲なんだけどね(笑)
これはやっぱりバンドで、LIVEでやってほしかった曲。
楽しかったなぁ♪思いっきりSHOUTしましたわ♪

『光のロンド』
最初に聴いたのが、去年11月のワンマン@大阪大猫。
そのときはあまりパッとしない印象だった。
それが聴くごとに魅力が増していく。

曲が終わって、ぐるぐると螺旋を描く照明。
ほぉ、って思ってると始まったのはなんと『ちびっこ探偵』!!
これはほんとにほんとに意外だった!
LIVEで聞くことはないだろうって思ってたんだよね。
ここでメンバーのソロあり。
佐野くんも戻ってきた。
いやぁ、みんなかっこよかった!!!

そして『サンセットトラフィック』!
意外すぎる!びっくり!!
これはシュンちゃんのキーボードが素敵だった♪

次の曲が始まる前に、オッケンが何やら堂島くんに耳打ち。
(一瞬、前日のビルボードを思い出して、またエフェクタ故障!?と思った(笑))
何やら確認してた模様。
オッケンとシュンちゃんで『ベンジャミン、空を睨む』
バンドでやるとまた印象違うなぁ。
やっぱり言葉で遊んでる幹事が好き・

この日、ちょいちょい思ったのは、オッケンはオッケンだってこと。
(まぁ、八橋さんも八橋さんなんだけど)
ギターが鳴るたび、「あ、オッケンだ」って思う。
でね。
『新しい季節』か『ベンジャミン』か忘れたけど。
オッケンのギターが鳴った瞬間、「えっ!?ノーナのカバー?!」と思った(笑)
友人も同じことを思ったらしい(『FESTIVAL』やるのかと思ったって)

MCのメンバー紹介で。
☆今日は遅れてきました!渡辺シュンスケ!
あぁ、堂島くん優しいなぁ。
「今日も」って言わなかったわぁ(笑)

『OK』からの流れはやばかった!!
『OK』→『ENDlessMAN』→『25才』!!!
なにこのセトリっ。
歌詞が、世界が繋がってく。

『ENDlessMAN』
最後のサビ「ABC~も♪わからずに♪」の出だし。
堂島くんが一瞬タメを作ったのに、シュンちゃんが対応できなかった。
伴奏だけ先に出ちゃったんだよね。
でも、終わった後に二人が顔を見合わせて「やっちゃったねぇ」みたいにアイコンタクトして笑顔。
やっぱり今日も、らぶらぶだ♪(笑)

そして『25才』!
まさかの『25才』!!!
『ENDlessMAN』って『25才』のアンサーソング的な意味あると思うんだよね。
それが逆行した!って思った。
これを立て続けに聴かせるこの選曲にびっくりしたし、やられたって思った。

完全にこれで意識がはじけたわ。

この曲ってほんとにパワーがあると思う。
こんな曲を25歳で作ってしまった堂島くんってほんとにすごい。

そしてこのあとのセトリもやってくれる!
『25才』→『45℃』→『6AM』
2・4・6って!(笑)
絶対にセトリ表見ながらニヤニヤしてただろう堂島を思い浮かべる(笑)

『45℃』
ソロ編のアンコールで聴いて、バンドで聴きたい!踊りたい!!って思ってたので嬉しかった。
楽しかった!!

そして『6AM』
アルバムの中で、一番バンドで聴きたかった曲!
楽しいっ!楽しいっ!きゃぁぁぁ♪

本編最後は『VIVAP』!
もちろん客席も一緒に「VI~VAPっ♪」!!


どこで話したのか忘れちゃったので、とりあえずMC。
呼び方が色々あるという話題。
☆堂島くんって言う人と、堂島さんって言う人がいる。
☆昔からのファンは堂島くん。最近ファンになった人は堂島さん。
☆んで、堂本兄弟に出てたので「どんちゃん」って呼ぶ人がいる。
☆やなんだよーーーーーっっ!!どんちゃんって呼ばれるのやなんだよーーーーーっっっっっ!!!
☆いや、別にKinkiのことが嫌だって言ってるわけじゃないよ!!
☆「どんちゃん」ってオヤジのあだ名と同じなんだよ。やでしょ?自分の父親や母親や兄ちゃん姉ちゃんと同じあだ名で呼ばれるの。
☆今日、ここで呼び方を統一する。決めますっ!(客席「えぇぇぇ?!」)
☆やっぱりいいや。(客席「えぇぇぇぇぇぇぇ!?」)え?だめ?
☆俺が「堂島くん」って呼ばれたら昔からのファン、「堂島さん」って呼ばれたら最近のファン、「どんちゃん」って呼ばれたら堂本兄弟がきっかけって思えばいいのか。あぁ、そっか、すっきりした!(自己完結(ぉぃ))


アンコール。
☆昔作った曲を2010年バージョンに歌詞を変えて歌いたいと思います!

始まったのは『そして僕らは奏で合う』
えっとですね、MDがUSBになったり。
でも歌詞はボロボロ、間違えたり、飛んじゃったり。
「駅までの道を~♪」が出てこなくて「えぇぇぇぇぇぇぇ!!」の客席からのブーイング。
それに「えぇぇぇぇぇ!で思い出した!駅までの道を~♪」と歌いだしたり。
んで、メンバーそれぞれの紹介はあまりひねってないし。
っつか、ピアノなんてランクさがったよ!?
シュンちゃんの扱い軽すぎっ!
もっと全体的なクオリティ高くして聴かせてほしかった。
好きな曲だけに残念だったなぁ・・・。

ラストは『旅する恋人』
んー、やっぱり沖さんとシュンちゃんの鍵盤は違う。
シュンちゃんの音は大好きだけど、そっか、アクがないんだな。
この曲は、実はAg弾き語りが一番好きだったりする。

ほんとに楽しくて最高の時間だった。
2日連続で大好きな音、大好きな人たちに最高の時間を過ごさせてもらった。
ほんとに幸せだった!!


2010.8.28@心斎橋JANUS
SET LIST
1.VIVAP 愛のテーマ
2.TOKYO WALKIES
3.高速の男
4.新しい季節にウォーミングアップ
5.スマイリンブギ
6.狼 OOKAMI
7.スロウダンス
8.Edelweiss
9.CLAP AND SHOUT
10.光のロンド
11.ちびっこ探偵
12.サンセットトラフィック
13.ベンジャミン、空を睨む
14.OK
15.ENDlessMAN
16.25才
17.45℃
18.6AM
19.VIVAP 愛のテーマ

ENCORE
1.そして僕らは奏で合う 2010
2.旅する恋人
タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。