So-net無料ブログ作成

【1st】NONA REEVES 2010 @Billboard Live TOKYO [NONA REEVES]

NONA REEVES 2010 @Billboard Live TOKYO
2010年8月27日 1st open17:30 start19:00
出演:NONA REEVES

NONA REEVES are...
西寺郷太(Vocal)
奥田健介(Guitar)
小松シゲル(Drums)

真城めぐみ(Vocal)
村田シゲ(Bass)
冨田謙(Keyboard)
川口大輔(E.Piano)


今年はサマメモがない代わりにビルボード。
悩んだんだけど、結局両ステージ参加。
本当に素敵で、最高に幸せな時間だった。


1st
SET LIST
1.渚のチューブ・ライダー
2.スウィートネス
3.重ねた唇
4.Still
5.フライデー・ナイトはソウル・オン!
6.バッド・ガール
7.Human Nature
8.ギミギミ
9.Hey, Everybody!
10.あの娘にガールシック

ENCORE
1.メモリーズ~ひと夏の記憶~
2.ハッピネス・イズ・オン・ザ・ターンテーブルズ・オンリー 


オンタイムで登場したメンバー。
みんな正装♪
客席からは歓声とため息。

続いて、郷太さんが登場。
同じく正装なのに、なぜか笑いが(笑)

この日は、郷太さんのパワーに圧倒された。
真城さんがいるときは、どうしても真城さんに目と耳が行っちゃうことが多い。
でも、そんなことなかった。
郷太さんの歌声があまりにもパワフルで、すごく状態のいい声で。

始まって。
嬉しくて、幸せで、楽しくて。

三曲目の『重ねた唇』聴いてて思わず涙がぽろり。
この空間にいられることが幸せで嬉しくて泣けてきた。

実は、郷太さんがLIFEで「男性も、女性もとびっきりのドレスアップで、来て下さいねっ!」と。
http://www.nonareeves.com/life/gotama/2010/08/post-1290.html
これがネックになっちゃって、着てく服で悩んで直前は憂鬱な状態に(苦笑)
行くの気が重くなっちゃって、やめちゃおうかな、なんてよぎるほど。
行ってしまえば吹き飛ぶのはわかってたので、もちろん行ったのだけど。

ノーナはLIVEが本当にすごすぎる。
こんなにも心地よくて楽しくて幸せな時間が過ごせる。

ワンマンは去年のひっぴー以来。
次回ワンマンはやっぱりひっぴーみたいだけど(笑)

ついつい忘れちゃう。
この幸せな贅沢な時間のことを。
でも、来れば間違いなく素敵な時間がある。

ここにいられる幸せ。
この空間でこの音楽を聴いていられる幸せ。
それをメンバーと、友人と、名も知らぬたくさんの人と共有できる幸せ。

泣きたくなるほどの幸福感。

『Still』は久しぶりに聴いたなぁ。
この雰囲気にはとてもよく合ってた。

そして。
ステージ背面のカーテンオープン!!
六本木の夜景が広がる。
(とはいえ、ステージを見上げる形の私の席からはそんなに堪能できなかった(笑))

『フライデー・ナイト』『バッド・ガール』
まさにこの瞬間のために作られたかのような曲たち。

そして2日後が誕生日のマイケル・ジャクソンのカバー。
『Human Nature』
これはねぇ。
郷太さんの声が良すぎてため息。
きれいなきれいな高音が。
あぁ、ほんとにこの曲を歌うため、このステージのためにコンディション整えたんだなって。

しっとりしたところで。

『ギミギミ』『ヘイエブ』とアップテンポなダンスナンバーが続く!
これは座ってるのがつらい(笑)
身体を揺らして、時には手を上げて。
楽しくて、嬉しくて、幸せだったなぁ。

最後は『ガールシック』
また郷太さんの透明感のある高音にやられる。
目頭が熱くなって、視界がぼやける。
せつなくて、嬉しくて、すごく大切な時間をいま過ごしてるって。

メンバー退場。

アンコールで再登場。
郷太さんがグッズの紹介。
Tシャツのモデルはこまっちゃん。
もちょっと姿勢正してよぉ、せっかく前に出てきてるだから(笑)

で、盲腸の話とか、デザインの話とか、いろいろとしゃべりだす郷太さん。
そのうちだんだんとこまっちゃんの表情が険しくなってくる。
シゲさんと時計を見ながら小声で話しはじめる。

で、郷太さんが「あと一個だけ言ってえぇか?シゲに聞くけど、小松は冷たいから」
とこまっちゃんを見る郷太さん。
「わぁ!ごめん!やるっやるっ!!」
小松「時間ないんだからさ。1曲削らないといけなくなる」
あぁ、ノーナでのこまっちゃんって頼もしいっ(笑)

やはり夏の終わりといえば『メモリーズ』
郷太さんと真城さんの掛け合いも素敵だった。

最後は『ハッピネス』
ここで珍しいことに、真城さんが歌詞飛んだ!
うわぁ、なんかものすごくレアなもの見たぞっ。
いつも堂々と、メインボーカルの背中を支えてるねーさん。
どしたんでしょ?(笑)
照れて困るねーさんはかわいらしかった♪

最後はノーナ三人が中央であいさつ。
こまっちゃんはもちろん汗だく!
でも、汗が粒状なの。
最後の最後まで一人だけジャケットを脱がなかったオッケンも汗だく。
郷太さんだけ涼やかなのはなぜだろう(笑)

ほんとに素敵な時間だった。
タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

nanayo

やーーー♪楽しかったねーーー。
めちゃめちゃ幸せな時間でした。
最近でこそ、他のライブもちょこちょこと行くようになりましたが、
やっぱり私はノーナが一番好きです。(言い切った!)

ビルボード東京は初めて行きましたが、素敵なハコでうっとりしちゃった。
セトリもまた素晴らしかったよね。短い時間の中にあれだけ上手に並べてくれたら見事としか言いようがない。
一曲一曲が始まるたびに、「うわーーーーー。」って感涙しまくっちゃったよ。

あと、始まる前から「どこで立つ合図だしてくれるか?!」と待ってたので、
ラス曲でスタンディングできたのは嬉しかったです。(笑)



by nanayo (2010-09-03 10:20) 

ぷりん

nanayoさん
あの時間は“幸せ”という表現が本当にぴったりだったね。
ノーナのLIVEは、楽しいよりも幸せと感じることが多いんだよなぁ。
あの感覚が味わいたくて足を運んでるんだと思う。

私もビルボード東京初だったよ。
六本木なんて俳優座以外、縁がないもん(笑)

セトリは見事だったね。
あそこで奏でられるために作られたかの様な曲たちに感動。
そしてノーナがあんなにもビルボードが似合うバンドだったとは驚きだぁ。
毎年恒例になるかなぁ。
なってほしいのと、金銭的に辛いのと、複雑な心境(笑)
by ぷりん (2010-09-11 20:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。