So-net無料ブログ作成

8/21夜 「その音で胸が熱い」ソロ編 [堂島孝平]

VIVAPツアー初日
堂島孝平『VIVAP』2010「その音で胸が熱い」@渋谷Mt.RAINIER HALL
2010年8月21日19時半開演 C列11番

出演:堂島孝平
ゲスト:八橋義幸


昼に続いて夜も♪
今度は八橋さんがゲストっ!


感想の前にまず。
マウントレイニア、寒すぎるっ!!!!

もともと冷房が大の苦手。
なのでもちろんストール持参。
グルグル巻きにもかかわらず、寒くて寒くて。
ついには体調悪くなって、途中から気持ち悪くて音聴けてません(涙)
こんなに悔しいことってない。

ステージが暑いのはわかる。
でも、客席のことも考えてよ。
堂島くんのお客さんは女性が多いんだからさ。
冷房が苦手な人が多いってことだし。
そういう環境を整えるのもスタッフの役目じゃないのかな。


さて、感想。
セトリは昼の部と同じ。
歌詞間違いがなくなった分。
そして雰囲気をつかんだ分、クオリティ上がってました。

ちなみに。
「あくびする人がいるんですけど、こっちから見てると、あ、あの人あくびした、って思って集中力切れるんで。あくびするときは下向いてください」って言ってたわ。
昼の歌詞間違いはそのせい・・・ってことにしてあげよう(苦笑)

『狼 OOKAMI』のループ。
2度の失敗あり。
一度目は、クッション叩いて音録ってるときにネクタイがずり落ちてきて。
「あっ!」って言った声が入っちゃったっていう(笑)
二度目は順調に進んでて、最後のAgの重ね録り。
そこで明らかに違うボタンを踏んだんだよねぇ・・・。
消しちゃった、全部(笑)

ゲストが変わるので、セトリが変わるのかなって思ってた。
でも、順番も同じ、ゲストが入る曲も同じだった。

いや、これがねぇ。
シュンちゃんと八橋さん。
それぞれの音が加わっての三曲。
それぞれ魅力があってすごくおもしろかった。
あぁ、どちらの音も堂島くんの曲にとって、堂島くんにとって必要なんだなって。

そう、八橋さん。
堂「(9/4のバンド編の話で)今回、八橋さんはスケジュールが合わなくて・・・」
八「え?そうなの?俺いないことになってるんですか?」
堂「スケジュールがあわないって」
八「出る気満々なんだけど」
堂「じゃ、来ます?ツインギターで。」
堂「そもそもさっきだって、今年の夏は忙しいって言うし・・・」
八「夏は9月4日がシメつもりでスケジュール空けてある」
堂「いいこというねぇ~~」(客席から賛同の意)「いや別にいいこと言ってませんよ」

やったっ!ツインギター!?わくわく♪

八橋さんがいると、堂島くんが安心するのがよくわかる。
またギター弾きながら堂島くんを見る八橋さんの表情がねぇ。
すごく優しくて、ほんわか。
やっぱりこの二人の間に流れる空気もあったかいなぁ。

『6AM』は今度はうまくいってた。
テンポアップもその後の演奏もしっかり。

八橋さん退場後の2曲。
昼よりもさらによくなってた。
それはわかってるけど、体調が悪すぎて音が入ってこない(涙)
ひたすら悔しい。

アンコールも同じ。
『夜間飛行』の間奏で八橋さん登場。
あぁ、やっぱり八橋さんのギターで聴く『夜間飛行』は素敵だ♪

終演後。
吐き気と立ちくらみ。
帰宅途中も何度か気を失いかける始末。
LIVEがよかっただけに、ひたすら悔しい思いをした。


SET LIST
1.ENDlessMAN
2.OK
3.旅する恋人
4.UP ON THE CITY
5.TOKYO WALKIES
6.狼 OOKAMI
7.ローマ・函館(CARNATIONカバー)
8.君はセンセーショナル
9.Edelweiss(with 八橋義幸)
10.ベンジャミン、空を睨む(with 八橋義幸)
11.6AM(with 八橋義幸)
12.スロウダンス
13.光のロンド

ENCORE
1.45℃~夜間飛行メドレー
タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。