So-net無料ブログ作成

8/21昼 「その音で胸が熱い」ソロ編 [堂島孝平]

VIVAPツアー初日
堂島孝平『VIVAP』2010「その音で胸が熱い」@渋谷Mt.RAINIER HALL
2010年8月21日15時半開演 A列10番

出演:堂島孝平
ゲスト:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz/cafelon)


VIVAPツアー初日。
今回はソロスタイル。
ゲストは渡辺シュンスケ。
わーい♪


セトリは最後に。

『ENDlessMAN』のSEで登場。
『VIVAP 愛のテーマ』で来るのかと思ってたのでちょっと意外。
バンドはそっちにするのかな。

堂島くんは黒(紺?)のジャケット、白黒チェックの帽子。
白のシャツに紺時に赤の斜めストライプネクタイ、明るいブルーのジーンズ。
靴下もちゃんとこだわって左右違うのを履いてたね(笑)

始まったのは『ENDlessMAN』。
SEからそのまま弾き語り(Ag)に。
音源と生音の違いをその瞬間に認識するっていう不思議な感覚。

もったいなかったな、って思ったのは。
私自身が、この曲をしっかり聴く体勢になってなかったってこと。
1曲目ってどうしてもまだ集中力がなくて。

この日は終始、堂島くんご機嫌。
楽しそうだったなぁ。

あ、歌詞間違いがすごく多かった。
全部で4曲だったかな。
せっかくいい演奏で、声の調子が良くても、これは残念だったなぁ。

『旅する恋人』
これをEgでやったのは新鮮だった。
おれひとりのときはAgだと思ってたので。

『UP ON THE CITY』
この曲は『VIVAP』の核となる芯となる曲。
曲中で他の曲の登場人物のことを歌ってるそう。
冒頭の歌詞が『6AM』と世界観同じだなぁとは思ってたけど。
そこまで考えて作ってたんだねぇ。
「誰も気づいてくれないんですけど。誰か指摘してくれるかなって待ってたんだけどね」
いや、そもそもそんな機会ないですし?(笑)
「地味な曲なんですけど、この曲があるから『VIVAP』ってアルバムが一本芯通ってる」
心地よくてすごく好きな曲なんだけどな、そっか地味なのかこの曲って。

で、『UP ON~』の最後に歌われてる曲。
『TOKYO WALKIES』を客席と一緒に。
最初にいつものように「ぶら~ぶら~♪」の練習があったんだけどね。
客席からまったく声が聴こえて来なくて。
そしたら突然。
「だから言ったじゃねーか!深く座るなって言っただろーっ!」
びっくりしたっ!びっくりしたよっ!(爆笑)

LIVE始まってすぐに、ここの椅子は座り心地がいいからって話を。
で、寝そうになるから気をつけてって。
あと、自分がインタビュー受けてるときなんか、椅子に深く座ると落ち着いちゃって言葉が出て来ない。
浅く腰かけるとイイこと言える。
だから、眠たくなったら浅く腰かけるように、ってなことを言ってた。

でも、イキナリ「じゃねーかっ!」とかびっくりするからっ!(笑)

基本的にMCであまり砕けた話し方をしない堂島くん。
「俺」じゃなくて「僕」って言うことも多いし、語尾も「です」「ます」だったりするし。
そんな堂島くんの突然の砕けっぷりに、いやぁ、驚いたわ(笑)
たぶん、この日一番衝撃だったのここだと思う、うん。
ビクッとしたもん(笑)←直後に大笑いしたけど。

『狼 OOKAMI』はループかけて。
音を録ってるときの、真剣な表情がすごく好きなんだよね。
笑顔に惹かれて、LIVEに足を運ぶようになったんだけど。
気がついたら、楽器や音に真剣に向き合ってる表情により魅力を感じるようになってた。
素直にかっこいいと思う。(素直に?)
ま、あとは歌詞間違えないでくれれば。

『VIVAP』に収録されなかった曲をとのことで『君はセンセーショナル』。
聴いたのは初めて。
うん、『VIVAP』の世界観には合わないかも。
でも堂島くんらしい、いい曲。
メロディラインがぽくて好きだなぁ。

ギター弾いてる堂島くんの手元見てるの好きなんだよね。
ついつい忘れがちだけど、ギターうまいんだよね。
(いや、バンドの時は八橋さんいたりすると弾くの放棄するじゃん)
弾き語りの時はほんとギターの音色に惚れ惚れする。

ここでシュンちゃん登場♪
久しぶりのシュンちゃん♪
髪の毛も比較的すっきりしてて安心したわぁ。←

なんかね、つくづくこの二人が一緒にいるの好きだなって思った。
二人の間に流れる空気が好き。
お互いにお互いを尊敬してる、好きだって気持ちがわかるのが微笑ましい。
信頼してるのがわかって嬉しい。

堂「シュンちゃんと二人でやるのって久しぶりだよね」
シ「そうだね~。シュンドウ?」
堂「そうそう。シュンドウっていうんですけど、シュンスケと堂島で」
シ「すごく楽しみにしてた~」

シ「今日、久しぶりに上から見てて」
堂「あ、上から目線で?」
シ「違う~。上から堂島くんが一人でやってるの見てたんだけど、かっこいいね」
堂「ありがとう」

あぁ、相変わらずのラブラブぶりで(笑)

『Edelweiss』は、シュンちゃんの鍵盤に鳥肌立った。
涙出てきちゃったよ、あまりにも美しい音で。
シュンドウでやってほしい。
この二人の音を聴いていたい。
堂島くんとシュンちゃんの音と声があれば、それでいい!って思うことがある。
あ、ここでも歌詞間違い。

堂「シュンちゃんのため、シュンちゃんらしい曲、プレイが生きる曲を書こうと思って作った曲」
シ「へぃ!って感じだよね」(へぃ!と拳を振り上げ飛び跳ねるシュンちゃん(笑))

堂「あ、シュンちゃん立つ感じ?」
シ「うん、立とうかなと思って」
堂「じゃ、僕も。シュンちゃんだけ立たせるわけにはいかないから」

『ベンジャミン、空を睨む』
あぁ、なるほどなぁ、納得(笑)
演奏するシュンちゃんがすごく楽しそう。
歌詞も堂島くんらしくて、音遊び言葉遊びがあって好きなんだよね。

次は『6AM』。
堂島くんがAg弾き始めたらアレンジが違ってて、へぇ~って聴いてた。
と、思ったらいきなりテンポアップ!
んが!早すぎでしょ、それ。
シュンちゃんが追い付いてくるとさらに走るんだもん。
何を張り合ってんだよ。
最後までなんかバラバラな印象で終わっちゃったなぁ。

シュンちゃんが退場した後。
『スロウダンス』『光のロンド』。
これはほんとに素敵だった。
・・・だけに、歌詞間違いがぁぁぁぁぁ!!

どーしたんだろうね。
こんなにもたくさん歌詞間違えるのって珍しい。
集中力なかったのかなぁ。

アンコール。
Agで「弾き語りではめったにやらない曲なんですけど」と『45℃』を♪
京都でやったって噂は聞いてたので。
あぁ、アコギでやるとこうなるのかぁ。
でもやっぱり踊りたいな、これは(笑)

そしてそのまま『夜間飛行』
これはめちゃくちゃかっこよかった!!!
久しぶりに聴いたし、堂島くんのギターもすごかったし。
間奏のところで、シュンちゃんが袖から首だけ出す(笑)
それを見て堂島くん「シュンちゃん!弾いて!ソロ弾いて!!」
そこからは二人で♪

楽しかった。
バンドスタイルが楽しみになったなぁ。


SET LIST
1.ENDlessMAN
2.OK
3.旅する恋人
4.UP ON THE CITY
5.TOKYO WALKIES
6.狼 OOKAMI
7.ローマ・函館(CARNATIONカバー)
8.君はセンセーショナル
9.Edelweiss(with 渡辺シュンスケ)
10.ベンジャミン、空を睨む(with 渡辺シュンスケ)
11.6AM(with 渡辺シュンスケ)
12.スロウダンス
13.光のロンド

ENCORE
1.45℃~夜間飛行メドレー

タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。