So-net無料ブログ作成

堂島孝平presents「ウミ・タノシゲーナ」 [堂島孝平]

堂島孝平presents「ウミ・タノシゲーナ」@OTODAMA SEA STUDIO
2010年7月21日17時半開演

出演:堂島孝平/片寄明人(Great3/Chocolat & Akito)/大石昌良
Opening Act:蜜


音霊皆勤の堂島くん。
今年は「人事権を持たせてもらいましたっ!」とのこと。
サモタノ音霊バージョンの「ウミ・タノシゲーナ」でした。

ただ、日程的には辛いよね。
三連休明けの平日。
そのせいなのか、お客さんは若干少なめ。
加えて、鎌倉の花火大会と重なってたようで。

今年の音霊はステージが広くなってる。
でも、柱の数が増えてる??
若干、見えにくい場所が増えた気がする。



行かないつもりだったけど、急遽行けることになったので当日券で。
O.Aの蜜がちょうど始まった頃に到着。

この日の蜜はちょっと違った(笑)

というか、この暑さ。
そして海辺の音霊。

なのに、はっちゃんがいつもの紺ジャケ!
見てて暑いからっ!!

でね。
暑さでおかしくなったのか、橋詰くんがテンション高っ(笑)
最初は「今日はウニちゃんおとなしいなぁ」と思ってた。
そのうちに、「あれ?なんかおかしいなぁ」と。
いやぁ、珍しいもん見たなぁ(笑)
シャウトするはっちゃんは初めて見たぞ。
二人のテンションがほとんど変わらないってすごい。
それはそれで面白かったし、楽しかった♪

O.Aなので3曲。
もうちょっと歌ってくれるかと思ったのになぁ・・・
残念っ!


続いては大石昌良。
名前は知ってたけど、聴くのは初。

いやぁ、すごくよかった。
伸びのある歌声が響いてくさまは、心地いい。
そして声もいいんだけど、お客さんとのやりとりもウマイ。
わざとらしくない自然体なMCと歌で徐々に盛り上げてく。
ハンドクラップの催促の仕方や、止め方(笑)も絶妙。

聴いてて見ていて、すごく気持ちよかった。
また大石くんのLIVEは行きたいっ!
楽しかった♪


続いては片寄明人。
片寄さんは、石井マサユキさんと一緒に。

大石くん目当てのお客さんが多かったのかな。
客席がかなり空いてしまった。
しかも、途中から花火も上がり始めて、さらに出てっちゃう人が。

ま、おかげでゆったりと片寄さんの歌声を楽しめました♪
(視界ひらけて、石井さんも見やすかったしらっきぃ♪)

片寄さんの歌声はまた独特だよなぁ。
可愛らしい歌声(っていったら失礼かしら?)。
でも、あの声で『嫉妬』歌われると、またぐっときたり。

あ、そういや、堂島くんのブルースハープを借りたそうで(笑)
「ファンの人には申し訳ないんだけど、間接キス♪」
「いやぁ、音がよく出るなぁ」
堂島くんのハープ、前に直枝さんにも貸してるしねぇ。
先輩たちに大人気なハープ(笑)

弾き語りは基本的に断っちゃうという片寄さん。
「断れないまま、ここに来ちゃったんだけど」
「いや、弾き語りの話があってもすぐ断るんだけどね。」
「堂島くんからお願いされたら、断るわけにはいかないから。」
と、ここでも堂島くんの愛され具合がわかるエピソード(笑)

「堂島くんに会うのってすごく久しぶりなんだよね」
「バク転してる印象しかない、確か、隣に佐野さんがいたんだよね」
「確か代田だったかなぁ・・・7年前とか」

マイペースなMC。
片寄さんのしゃべりって好きだな♪

そして、やっぱり片寄さんも汗だく。
こんなに汗かきながらLIVEするの初めて、と言ってた。
見てるこちらも暑いけど、ライト浴びて演奏してるあちらはさらに暑いんだろうな。


最後は堂島くん。

グレーの帽子、白の半袖シャツに緑のベスト、緑の綿パン(小さな模様入り、たぶん動物柄?)。
そして今年は緑のビーチサンダルを今日購入したらしい。
っつか、全身緑だからっ!!!
そして、ベストは見てて暑苦しいからっ!!
んでもって、上と下が微妙にあってないからっ!!!


SET LIST
1.光のロンド
2.TOKYO WALKIES
3.スロウダンス
4.旅する恋人
5.OK
6.6AM


おれひとりスタイルでの演奏。
アコギとブルースハープ。
この日もバックトラック使用曲あり。
1~3曲目までは名古屋のインストアと同じ曲順。

『光のロンド』
今日も声がよく出てる♪
あ、音霊ってほんと音イイよね。
それはつくづく感じた。

『TOKYO WALKIES』
ぶら~ぶら♪のところはお客さんに参加要請。
主旋に、一つ上、もう一つ上とハモりパートを歌うのはもうお約束?(笑)
そして練習からスタートも毎度。
「はい、わかりました。みんな主旋しか歌ってないっていうね」
「ま、よく考えたら、カラオケででかい声でハモってくるやつってウザいしね!」
ってこのしゃべりもお約束と化してる・・・(笑)

この曲の歌詞。
♪きっといそいでいるうちに~(略)いそいでいくことだけがこたえになってた~♪
これにね、ハッとさせられるんだよね。
こういう歌詞を書けてしまうこの人ってほんとすごいな。

『スロウダンス』
これはバックトラックを使って。
一人でもできるのに、ここんとこ必ずだな。
こだわりなんだろうなぁ。

この曲で、すっと温度が下がる堂島くんの変化が好き。
LIVEに行き始めた頃って、堂島くんの笑顔が一番好きだった。
でも、なんでだろう。
今はふと見せる真顔が好きだったりする。
真剣な表情に惹かれるんだよなぁ。

聴きながらぐっときて、泣きそうになった。

最後サビ部分。
歌詞間違えた、というか飛んだみたい。
暑さで朦朧としたのかも・・・。
だって、すごいんだもん、汗が。
アコギ弾いてる腕からもポタポタと大量の汗!

『旅する恋人』
アコギとブルースハープで。

曲間のチューニングのときに波の音が聞こえたり。
たまに花火の上がる音が響いたり。

『OK』
今度はアップテンポ♪
ここからは座ってるのが辛かったなぁ。
踊りだしたくなるんだもん。

『6AM』
バックトラックのみで歌謡ショースタイル(笑)で。
ハンドマイクの堂島くんは自由だなぁ♪
いたずらっ子のような笑顔がね、可愛い。

しかし、この曲はほんとすごい。
早くバンドで聴きたいっ!!
そして踊りたいっ!

言葉とビート。
なんて心地良いんだろうって思う。
堂島くんも歌っててすごく楽しそうだしね♪

歌詞を聴きながら、情景が浮かぶ。
それとはまた別の部分で楽しくて身体を揺らしてる自分がいて。
すごく不思議な感じがする。

歌い切った堂島くん。
ベストにまで汗が染み出すほどの発汗量。
これだけ汗かいてるのって見たことないかも。
こまっちゃんに匹敵するんじゃなかろうか。



アンコールはセッション。
何やるのかなと思ったら、お約束・・・
『いとしのエリー』

「毎年、ここで最後にセッションやる曲ってのがあって」
という言葉に「えぇー!?またぁ!?」と思った私はダメでしょうか?(笑)

堂島くん企画ってこともあって、最後はしっかり仕切ってた。
あー、大石くんがいじられてたねぇ。
八橋さんいじってるときと同じ表情してた(笑)
「僕、大石くんのことかなり好きみたいです」
納得、うんうん。

そして、片寄さんはサングラスで登場。
んでもってシモネタ連発。
うむぅ、さすが(笑)
あ、最後も堂島くんのブルースハープ借りてたね。

「片寄さん、7年ぶりって言ってましたけど、去年も一昨年も新宿で会ってますよね」
ディスクユニオンでレコード買った帰りに堂島くんとよく遭遇するそうです(笑)

歌いだしで。
堂島くんに、大石くんがハモろうとして断念。
それに堂島くんが反応して、一度中断(笑)

再開して、大石くんが歌ってるとき。
歌いながら、センターの堂島くんを見る(見つめる?)大石くん。
笑いをかみ殺しながら、思いっきり視線をそらす堂島くん(笑)

あ、堂島くんと片寄さんのハーモニーが素敵だったなぁ♪
似てるんだな、この二人の声って。


しかし、海ってどうして疲れるんだろうね(笑)
帰りは逗子駅から終点千葉駅まで爆睡。
身体が重いことだるいこと。

それでも、行ってよかった。
O.Aから全部楽しかった!

来年はもうちょっと行きやすい日程でお願いします(笑)


あ、今年は入場時にビニールバックもらえた。
中にフライヤーとうちわが2本!!
これは嬉しかったなぁ。
タグ:LIVE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。