So-net無料ブログ作成

『カラスの歩く速さ』 [観劇]

カラスの歩く早さ
らくだ工務店 第18回公演 十周年企画第1弾
『カラスの歩く速さ』@下北沢駅前劇場
2010年4月26日19時半開演 A列14番

作・演出:石曽根有也

出演:
石岡大介……林和義
浜尾雅弘……古川悦史
我修院麗司……草野とおる
森山了……今村裕次郎
松坂大助……山口森広
礼子……宇津井香織
リン……笹峯愛
奈津美……瓜田尚美
まどか……高嶋由奈
男……石曽根有也


結局、消化できなかったなぁ。

とても見応えのある作品だった。
役者一人ひとりも個性的。

「人と人の繋がり、絆」

これは今まで観たらくだ工務店の作品に共通するもの。
でも、今回はダークな部分が強く印象に残る。

また、ラストをどう解釈するか。
それは観た人によるのかなぁ。

ちなみに私は、大助の願望。
誰も死なずにすむ、もう一つの未来、と解釈。


浜尾に裏切られて、礼子が流した涙が切なかったなぁ。
人に期待を寄せ、信頼し、自分の未来を預けた。
でも裏切られてしまった。
裏切られたことと、自分を選んでくれなかったことと。
そして、これから自分の身に降りかかるであろう厳しい現実。
しかしほんと宇津井香織さんは綺麗だなぁ。
あの立ち姿といい、惚れ惚れした♪

草野とおるさんの豹変振りもすごかった。
麗司が奈津美のストーカーだとわかった瞬間の変化。
怖かったもんなぁ。
ふつーに、ふつーに怖いよ、あれ。

林和義さん、古川悦史さん。
二人は今回も期待通り、期待以上だった。
あの二人の印象がころころ変わる演技はほんと見応えあるね。
劇団HOBOの演技とはまた違った魅力。
いろんな芝居で観たくなる。

これは二回観たらまた印象変わったかも。
タグ:観劇
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。